Content
marketing

クライアント企業様の
企業・ブランドの
価値観、商品訴求を
最適なコンテンツ形式
でユーザーに届けます

手法自体は昔からありますが、スマホの普及に伴い、ユーザーのネット利用動向にも変化・多様化が進み様々なメディア、チャネルから情報を得るようになってきました。それに伴い、企業からユーザーに情報を伝達する手段も、従来型の広告のみでなく、多様な伝え方が求められるようになり、コンテンツマーケティングが注目されている背景となります。

一つのコンテンツだけですぐに効果がでるわけではないですが、継続して取り組んでいくことで、一過性のユーザーではなく、ロイヤリティの高いユーザーとして獲得することにつなげます。当社ではYahoo!コンテンツディスカバリーというコンテンツマーケティング型の広告などを通してユーザーへのアプローチを行っています。

一般的な広告とコンテンツマーケティングの比較イメージ 一般的な広告とコンテンツマーケティングの比較イメージ

コンテンツ
マーケティング広告の
メリット

  • ・新規ユーザーの獲得
  • ・ブランディング、
    認知の拡大
  • ・長期的な顧客の育成
  • ・ソーシャルメディアとの
    相性がよい

コンテンツ
マーケティング広告の
デメリット

・すぐに成果が
期待できない

・継続的に配信する
必要がある

検索連動型広告イメージ 検索連動型広告イメージ

検索連動型広告Search Ad

運用型ディスプレイ広告イメージ 運用型ディスプレイ広告イメージ

運用型
ディスプレイ広告Display Ad

SNS広告イメージ SNS広告イメージ

SNS広告Social Ad

フィード広告イメージ フィード広告イメージ

フィード広告Feed Ad

純広告イメージ 純広告イメージ

純広告Pure Ad

海外向け広告イメージ 海外向け広告イメージ

海外向け広告Overseas Ad

アクセス解析イメージ アクセス解析イメージ

アクセス解析Analysis

コンテンツマーケティングイメージ コンテンツマーケティングイメージ

コンテンツ
マーケティングContentmarketing

WEBサイト制作イメージ WEBサイト制作イメージ

WEBサイト制作WEB Page

LP/バナー制作イメージ LP/バナー制作イメージ

LP/バナー制作LP/Banner